交通博物館


006.png

交通博物館について

kotu1.jpg
交通博物館の外観

 交通博物館はJR東日本が所有していた博物館で、秋葉原駅のすぐそばにありました。1936年(昭和11年)4月25日に開館し、2006年5月14日に閉館しました。

 鉄道関係の多くの資料は鉄道博物館(2007年10月14日、さいたま市にオープン)に移動しましたが、クルマや交通信号など、交通関係に関してはほとんどが展示されていません。

 そこで、こうした資料について再現していきます。

kotu2.jpg
内部の様子 


 以下、鉄道博物館に移転した展示物をざっと紹介。

kotu3.jpg
屋外展示してあった弁慶号機関車(7100形)

kotu4.jpg
初代2号御料車(鉄道記念物)

kotu5.jpg
開拓使号客車 コトク5010(鉄道記念物)

 なお、交通博物館は東京駅ができる前のターミナル駅だった万世橋駅の跡地に建てられています。その遺跡もたまに公開されていましたが、現在では封鎖され、見ることはできません。