たばこと塩の博物館


006.png

たばこと塩の博物館

tobacco1.jpg
江戸時代のタバコ屋の店先


 1978年11月3日に開館した「たばこと塩の博物館」は、JT(日本たばこ産業)の企業博物館です。なぜJTかというと、かつて煙草と塩、樟脳(防虫剤、かゆみ止め)は日本専売公社の独占事業だったからです。

 たばこの専売は、日清戦争後の財政確保と、欧米資本による市場独占を防ぐため、明治37年(1904)7月に始まります。塩の専売は翌年です。
 そして、専売公社は、1985年にJTになりました。

 樟脳の専売は1962年に終了し、塩の専売も1997年に終わりました。
 たばこ製造は今でもJTの独占事業ですが、逆に国産葉タバコの全量買取が義務づけられています。

 そんなわけで、煙草と塩という何の関係もない商品の博物館ができたわけですね。
 ただ、この博物館、けっこう所蔵品は多いんですが、展示は代わり映えせず、あんまりリピーターがいなさそうな感じでした。

 ですが、いちおう、展示品を振り返っておきます。
 渋谷での展示は、もちろんたばこと塩で分かれていました。

<たばこ>
 明治中期から煙草の生産が増加し、庶民の間で人気が高まると、たばこ商は猛烈な宣伝合戦をくり広げました。特に、東京の岩谷商会と京都の村井兄弟商会の宣伝合戦が有名でした。

tobacco2.jpg
岩谷松平の岩谷商会が発売した「天狗たばこ」のパッケージ


tobacco3.jpg
村井吉兵衛の村井兄弟商会が発売した輸入葉たばこのポスター


tobacco4.jpg
村井兄弟の煙草パッケージ


tobacco5.jpg
煙草の自動販売機


 昭和27年(1952)に発売されたピースは、鳩がオリーブの葉をくわえている斬新なものでした。このデザインはアメリカの商業デザイナー、レイモンド・ローウィによるものです。
 首相の月給が11万円だった時代に、デザイン料150万円を払ったことで、大きな話題になりました。

tobacco6.jpg
ローウィのデザインした煙草の箱


tobacco7.jpg
世界の煙草


<塩>
 日本では、長らく海水から濃い塩水(鹹水=かんすい)を採り(「採鹹」=さいかん)、それを煮つめて(「煎熬」=せんごう)塩の結晶をつくってきました。

tobacco8.jpg
塩田での製塩作業の様子


tobacco9.jpg
昭和30年頃に普及した流下式塩田


tobacco10.jpg
現在は「イオン交換膜法」によって塩を作る


tobacco11.jpg
重さ1.2トンというポーランドのヴェリチカ産の岩塩


tobacco12.jpg
左からボリビア、アルゼンチン、チリの湖塩


 たばこと塩の博物館は、長らく渋谷に開設されていましたが、2013年9月1日、老朽化のため閉鎖されました。2015年春頃、墨田区横川に再オープンする予定です。